【禁煙】俺の禁煙日記

スポンサーリンク
禁煙

2021年8月、もはや何年吸ってきたかわからないタバコを再び止める決心をしました。
「再び」ところがポイントなんだけど、禁煙は3回目?4回目くらいの挑戦です。
今回は絶対に成功させる!!

スポンサーリンク

決意と喫煙歴

きっかけは値上げの噂なんだけど、他にも

  • そもそもたばこ止めたら自由に使えるお金が増えるぞ〜
  • 1日に何分たばこに費やしてる?有意義な時間が増えるぞ〜
  • 1日に何分たばこ吸えずにイライラソワソワしてる?アホ丸出しだぞ〜
  • 周りのみんなは続々と禁煙に成功しているぞ!(!)
  • なんかダイエットにも勤しんでるみたいだし、止めるなら「今ぞ!」

と、色々と禁煙を始めるに十分な要因というか、自分の考えというかが上手い事まとまって「ふと」禁煙を決意。思い立ったが吉日ということで3日前の夕方にIQOSを1本吸い終えた後、その後たばこを吸っていない状態で今に至ります(禁煙丸2日目)

喫煙歴

きっかり20歳からという事で約14〜15年という事になりましょう。銘柄は

  • マルボロミディアム(パッケージがかっこよかった)
  • セブンスター(甘くておいしかった)
  • チェリー(さらに美味しかったけど廃盤になっちゃった)
  • ハイライト(チェリー廃盤後ずっと吸ってた)

色々浮気したものの、「俺これ吸ってます」って言っていいくらいリピ買いしたのは上の四銘柄くらいじゃなかろうかと思います。

その後、ここ1〜2年前くらいで、上に書いた全ての紙巻きタバコを止め、IQOSの「リッチレギュラー」1本で喫煙をしていました。

初めから今まで、紙巻きたばこ時代は飲み会でもないと1日@1箱以下のペースは乱れなかったんですが、IQOS1本にしてから、車でも部屋でもどこでも気軽に吸える事と、軽い吸口から1日30本程吸っちゃうようになっていました。

著者コメント
著者コメント

この状態から、徐々に減らしたりすることなく、いきなり禁煙にチャレンジいたします

禁煙1週目

決戦前夜(止めた日の夜)

とりあえず夕方にキリ良く一箱を吸い終えた後、禁煙を開始。
その日の夜は通常通り夕食と晩酌を取る。やる気が起きず、日課のエアロバイクに跨る気さえ起きない。やはり、ふとした拍子にタバコが吸いたくなる。
深呼吸をしたり、ゲンコツで脳天や胸をコンコン叩いたり、歯磨きをしたり顔を洗ったりして耐える。

翌朝(この日が禁煙初日)

前日予約していた近所の某内科クリニックに禁煙外来に行く。
実はこのクリニックを予約する前に別の内科にも相談をしていたんだけど、

「禁煙補助薬の『チャンピックス錠』が出荷停止しとるもんで・・・」という事で断られていました。

https://www.j-circ.or.jp/cms/wp-content/uploads/2021/06/JCS-notice_20210622_kinen.pdf

禁煙外来の治療には、「飲み薬タイプ」と「貼り薬タイプ」の2通りがあるようですが、現在は飲み薬タイプの薬が出荷保留になっているので、必然的に貼り薬で治療することになります。なので、飲み薬でしか治療してないクリニックは、受付停止してる可能性があるということだと思います。

ということで2件目に相談、予約した内科を受診。
まわりはOPEN前から入口前に「たむろ」する老人の群れとワクチン接種の老脈男女。みなさん切羽詰まったご様子の中、のほほんと(内心離脱症状で気が狂うほどイライラしているけど)禁煙外来なんか受診してる自分は幸せだとも思え、少し落ち着く。

診察では

  • 各種問診に答え、
  • 簡単なアンケートのようなテストに答え
  • 喫煙の愚かさをコンコンと説かれ
  • 最後に禁煙宣言書にサインをする

といった運び。喫煙のデメリットなんて散々見聞きしてきた内容だけど、離脱症状のイライラの中で熱心に説いていただくと、改めて

著者コメント
著者コメント

ああこれは病気だ病的だ。依存症だ。ちょっと吸わないだけでこんな狂人のようなメンタルになるなんて・・・

という気になり、説得力はバツグンにまし、禁煙への意欲もいやおうなく高まる。

処方されたニコチンパッチを貼る

最初に処方されたニコチンパッチはこれ。

2週間分処方して頂く。これを1日中貼りっぱなしにすることで、微量のニコチンを皮膚から吸収し、離脱症状を抑えつつ「喫煙」の習慣を無くす。という事らしい。

睡眠時間を合わせて最後のタバコを吸ってから16時間、狂人と自覚するほどイライラしていたところにさっそく車で最初の一枚をお腹に貼る。

「ズドン!!!」

というようなインパクトを本当に感じた・・・気がする。

その後、特に「喫煙後のように頭がすっきりする」とか「爽快感がある」とか「たばこを吸いすぎた時のような気持ち悪さがある」とかわかりやすい効果は感じられない。
感じられないけれども、不思議とイライラだとか、頭や肺、口腔の不快感は激減していることにもまた気づいた。すごい薬だ。

3日目(禁煙後初出勤)

休日は気の向くまま好きに生活してれば良いので良い。禁煙後初出勤の今日が鬼門と踏んでいました。結論から言うと、たばこを吸わないまま退勤〜夜8時を迎え、今日も吸わずに済みそうです。そんでこのブログを書いてる次第です。

ニコチンパッチのおかげで、「吸いたくてイライラ〜」を感じることは無いですが、

  • 起き抜けにたばこを吸ってた
  • 通勤のこの信号あたりでたばこを吸ってた
  • (ふとした拍子に)この間合いでたばこを吸ってた

などなど、体が覚えてるもんで、一瞬「たばこ吸おう!」という信号が脳から発せられるのがわかります。で、次の瞬間「あ、やめたんだった・・・」ということで、なんか「寂しい」に近い感覚がある気がします。

たばこが無いのが当たり前になるように、慣れる事がまず大事だなぁと実感。
ニコチンパッチの効果はテキメンで「イライラ」が現状ないのが本当に心強いところ。ニコチンは相変わらずパッチから摂取してしまってるけれども、この2週間で「喫煙習慣」完全に体から抜く!その目標で頑張っていきます。

(つづく)

コメント

タイトルとURLをコピーしました