【諫早市】大丈夫屋紅蘭亭の赤の担々麺に和風「担々麺」の完成を見る

スポンサーリンク
食全般

僕は麺類に目がない。とりわけラーメンつけ麺が好きなのですが、担々麺も好きです。ただ、一口に担々麺といっても、直近は「ラーメン」ほどに担々麺もバリエーションが豊富になってきました。ラー油が浮いたトッピング満載の担々麺から、汁なし担々麺まで、いろいろと種類がありますが、唯一無二な諫早市は『大丈夫屋紅蘭亭』の赤の担々麺は僕の中で結構究極です。

スポンサーリンク

大丈夫屋紅蘭亭

以前は長崎市内にも支店(?)がありよく通ってたのですが、今は諫早エリア。

住所:

交通アクセス:

営業時間:

定休日:

グルメ情報検索サイト ぐるなび

紅蘭亭「赤の担々麺」の素晴らしさ

シンプルながら非常に特徴的です。

  • スープが辛くない(良い意味でゴマダレを温かく伸ばしたようなイメージ)
  • 具材がシンプル(もやしと、輪切り唐辛子がてんこもりの肉味噌のみ)

ちなみに、紅蘭亭には「黒」の担々麺もあります。こちらもウマいんですが、肉味噌が乗っててあんまり辛くないんですよね。唯一無二のシンプル究極な担々麺はやはり赤。僕は赤が好みです。

かつては「黒い肉味噌が無性に食べたくなって」赤を食べに通ってるなかで気分転換に「黒」を頼んだりしてたんですが・・・転勤でしばらく行かない間に素晴らしいサイドメニューが登場しており、「赤」一本で満喫することが出来ています。

ランチタイムがオススメ!サイドの黒飯を食べよう

平日のランチタイム?はセットメニューがあり、「赤のAセット!」などという注文が出来ます。

サイドメニューは、白ごはん・黒飯・チャーハンなど選べるのですが、僕は黒飯をチョイス。

「黒飯」は、白ごはんに「黒の担々麺」の秘訣の黒い肉味噌が乗ってます。

赤の担々麺、黒飯をオーダーすることで、一度に両方楽しむことが出来るわけです!

さらにサイドメニュー、唐揚げも美味しいよ

こちらも名物「悪魔のからあげ」です。ピリ辛で、添えられてるソースがなんとも中華風で辛味と酸味のバランスがよく絶妙な美味しさ。

おすすめの(俺の)食べ方

1.赤の担々麺、黒飯(大)を注文。(平日ランチタイムはリーズナブルにサラダの類も付いてお得)

2.穴あきスプーンを活用して、スープを減らさず担々麺の麺を一目散に食べる。

3.黒飯の味噌がまぶされた御飯を一口二口ほど味見。黒い肉味噌のコクと旨味を感じる。

4.スープだけになった丼に、黒飯を肉味噌・ネギごと全部投入。スプーンを穴あきから通常に持ち替え、モリモリとスープごはんを頂く。

これが最高でやめられません!編み出したマスターピースです。

著者コメント
著者コメント

替え玉は出来ませんが、結構量を食べる僕でも赤の担々麺と黒飯(大)でお腹いっぱい大満足となります。ぜひ試してみて欲しいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました