BEAMSのカタログギフトBROWNの紹介【お歳暮】

趣味・生活
スポンサーリンク

お歳暮も、お中元も、引き出物や内祝いにお祝い返し、悩みますよね。そんな悩みを「贈る人」から「贈られた人」にパス出来て重宝するのがカタログギフトだと思います。

ひょんな事から、BEAMSのカタログギフトBROWNを入手したので、ネタバレしない程度に内容を紹介します。

スポンサーリンク

そもそもBEAMSとは

ビームスBEAMS)は1976年に創業した、輸入およびオリジナルの衣料品や雑貨を販売するセレクトショップのことである。また、ビームスが展開するオリジナルの衣料品や雑貨のブランドでもある。2007年3月現在、国内74店舗、海外6店舗(香港、台湾)。

Wikipediaより

今更引用するほどでも無いとは思いますが、オシャレセレクトショップです。
ちなみに、僕の地元長崎にもショップがあるので結構身近な存在でした。

BEAMSカタログギフトBROWNの見た目

外装

こんな感じの内箱から現れます。おしゃれ。

表紙

仕様

  • ページ数:90ページ
  • 掲載アイテム数:90点(雑貨76点、グルメ14点)
  • 箱サイズ:約)縦23cm×横19cm×厚約2cm

ページ数90と、一般的なカタログギフトに比べて非常に薄いです。
また、掲載アイテム数も90点と、これまた一般的なカタログギフトに比べて相当少ない。

BEAMSカタログギフトブラウンのいいところ

そもそもカタログギフトって・・・

分厚くて、多岐に渡る様々な商品が載っていて、それはそれで嬉かったりするんだけど、

まるっきり見ないページって結構ありませんか?

僕は、カタログギフトを貰っても結局「食べ物」のページしか見ません。いわゆるカタログギフトに載ってるような時計や服飾小物、雑貨にはどうも地雷臭が・・というところで結局「食べ物」から物色してしまいます。

ページ数と商品数の90は、洗練/絞り込まれての90

冒頭引用した通り、BEAMSはセレクトショップ。このセレクトショップを地で行くカタログ、とでもいいましょうか。

捨てるページが無いんです、雑貨や食べ物、どれもおしゃれで、カタログギフトというよりファッション誌を眺めているような感覚で商品を選ぶことが出来ます。

内容(見出しページ)をチラリと紹介

リビング雑貨

ホビースペース

お風呂雑貨

ダイニング用品

キッチン周り

見開きで使い方提案の描写があるカタログギフトなんてなかなか無いでしょう。
この中から好きなものあげますってんだから最高です。

まとめ

仕様にある通り、BEAMSのカタログですが服はありません(男女やサイズ感の問題があるからか・・)

※腕時計や、バッグなどの雑貨は豊富にあります。

BEAMSカタログは素晴らしいですが、いわゆる一般的なカタログギフトにもいいところがあって、

「上ははるかお年寄りまで楽しめる」というところです。品揃えの幅が違う。

ただ、僕ら世代がカタログギフトを頂いて「ちょうどベルトが傷んでて、欲しかったんだよね〜」ってタイミングだったとしても、

例えばカタログギフトにありがちな「何バレンチノ」かわからないバックルに大きくVと刻まれた、どの位置でもアジャスト出来る型押しベルトを引換ようとは思わないでしょう。

でも、喜ぶ層もきっといる。ビームスのカタログには、全世代の色々なニーズを満たすような幅広い品ぞろえは、残念ながら無いです。

なので、シーンによるとは思いますが

このBEAMSカタログギフトBROWNは、我々20〜40代の世代が送り合うには最適なカタログギフトと思います。グイグイおしゃれ生活を提案してくる。その上で実現に誘うアイテムをどれか1個くれる、、という、素敵な、提案型のカタログギフトです。

色々なシーンで、「カタログギフトでも贈るか!」と相成るケースは多いと思います。ぜひ候補の一つに加えてみてはいかがでしょうか。

著者コメント
著者コメント

シーンとしては結婚式の引き出物、これが1番しっくり来るかな。新郎新婦さんが招待する友達世帯も、きっとおしゃれ雑貨を欲してる・・と思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました